トワイライトに水没

俺がキモヲタだ~~~~~!!!!

【ネタバレあり】ドラクエⅪが神ゲーだった件【PS4】

一昔前の2ちゃんねるスレみたいなタイトルで失礼します。

ドラクエⅪ」発売から約1年が経ち、遅ればせながら先日全クリ(ここでの全クリの定義は裏ボス撃破とします)致しました。

いや…なんか…もう…ね…?

神ゲー…だよね?

ネタバレありでざっくりレビューしていきたいと思います。

(ちなみに私はほぼ初ドラクエです)

 

主人公は16歳になったばかりの男の子。

f:id:kasumin1997:20181030151908j:plain

えっ…顔が良い…!!!!!

性格はおっとりしていて少し頑固(作中キャラクターによると)

「イシの村」で穏やかに暮らしていた普通の少年だったけど、ある日自分が勇者の生まれ変わりだと告げられてビックリ!とりあえず行けって言われたから大国デルカダールへやって来たものの、デルカダール王に「悪魔の子」として捕らえられてしまってもう大変~~💦一体どうなってるの~~~!?みたいな感じで話は動き出します。

私はドラクエ初心者なので知らなかったんすけど、主人公が最初から勇者設定なのはドラクエ史上初みたいですね!

まぁへ~~~って感じなんですが、この設定のおかげで、本来、人から羨望の目で見られるはずの主人公が、「悪魔の子」というレッテルを貼られ、人々に憎まれてしまうことの切なさ、そしてその中で主人公を信じて共に戦ってくれる仲間の大切さが強調されててイイ感じだなと思います。

f:id:kasumin1997:20181030152334j:plain

公式で女の子みたいな顔っていう設定なんだぁ…へぇ…。

 

 

そしてこれすごい衝撃的だったんだけど、戦闘システムがランダムエンカウントではなくシンボルエンカウントになっていたのだが!!?ドラクエっていつからこのシステムになってたんですか!?

ドラクエに限らずポケモンとかのランダムエンカウントのバトルシステムが超苦手だったんです。草むら歩いてて異様に敵と遭遇するときあるじゃん。しかもレベル低すぎて経験値の屁にもならないような奴ばっか出てくるときのイライラよ…。

敵の姿が見えてる(=好きな敵と好きなタイミングで戦うことができる)ことがどれだけノンストレスか~~!!!あと敵が歩いてたり寝てたりしてて単純にかわい~!

そんでなぜか馬などに乗った状態でモンスターにダッシュで体当たりすると、そのモンスターは弾かれて時空の彼方に消えていきます。謎仕様。でも吹っ飛ばす瞬間が爽快感あって気持ちいいんだよね。ぶっとばしまくってたらトロフィー貰えてウケました。

 

しかし「さくせん」で戦闘をオートにするとキャラクターがMPガンガン使いまくって後先考えず攻撃しまくるのはちょっと困りましたね~。あと攻撃キャラがホイミ系を使うのもキー!となりました…。雑魚戦はパーティメンバーおバカだな~と思いつつもそのままオートでやってましたね…笑(めんどくさいだもん…)

だけどあんまりコンピュータが優秀すぎても私たちのいる意味…となってやりがいがなくなっちゃうのかなとも思ったり…。難しいところかもだけど「回復しない」「MPせつやく」があればもうちょっと快適にプレイできたかも…??

 

まぁそんなことはどうでも良いんですよ。

ドラクエ11という神ゲー神ゲーたらしめている所以はそのストーリーにあると私は思っている!!!多く語りすぎてしまうと逆にその良さを伝えられないかな~と思うんだけど、ぜひ語らせてください!!

 まずは勇者の使命とは何じゃらほいといった感じで、その使命のカギを握るらしい「命の大樹」へ向かう手掛かりを集める形で旅が始まります。RPGとして王道な展開ですね。

半裸イケメンの兄貴分カミュ(あまりにも運命的なセリフを言うのでスクショしていた)、

f:id:kasumin1997:20181031010608j:plain

呪いでロリになったツンデレベロニカとおっとり天然妹セーニャの双子魔導士、絵に描いたようなオカマシルビア姐さん、ドエロ足技格闘従妹姫マルティナ、ミニサイズおじいちゃん賢者ロウたちとなんだかんだ仲良く珍道中していきます。

そしてとうとう「命の大樹」へと到達!と思いきや某人物に扮した魔王ウルノーガ(本作のボス)が現れ、ついに決戦か~!?というとき、

 

唐 突 の 負 け イ ベ ン ト 。

 

主人公たちはその圧倒的な魔王の力に容赦なくねじ伏せられ、それぞれバラバラに引き裂かれてしまいます。

 

そんな絶望の中、ドラクエ11第二章スタート(鬱)。

緑豊かできれいな風が吹いていたロトゼタシアは、見るも無残に荒れ果てて、目がギンギンになったモンスターがあちこちにはびこるようになってしまっているのですが、そんな中で唯一の光となるのが主人公と、悪役から英雄ポジに突如躍り出た盾おじグレイグなんですよね~~。

f:id:kasumin1997:20181031014431j:plain

f:id:kasumin1997:20181031014327j:plain

 

エモじゃん…

 

迫害されてた主人公が人々から希望の星として称えられ、そしてそんな勝手な民衆を救うためにまた旅に出る彼があまりにも不憫で健気で泣けましたね…。ゲームの都合上っていう理由だけでであまり深い意味はないんでしょうけど、基本ポーカーフェイスで一言もしゃべらない主人公だからこそ、自分の運命にただ黙って従っているようで本当可哀そうになってくる…。

なんでオミソ・シル(私の主人公の名前)はこんなに苦労を背負わなければいけないのだ…。

 

そうして盾おじと二人で、かつてまわった街をもう一度訪れ、離れ離れになった仲間と再会していくのですが、そこでの伏線回収がまた秀逸で!

一週目の旅はオミソ・シルを中心にバタバタワイワイとしたシナリオだったのですが、二週目は仲間それぞれの過去を探るシナリオになっているんですよねぇ。二週目で仲間たちのことがもっと好きになっちゃうこと間違いなしです。

まぁとんでもない悲劇としてベロニカの離脱(察してください)も用意されているんですけど。しかもちゃんと伏線(というかフラグ)張ってた。

f:id:kasumin1997:20181031020321j:plain

 

f:id:kasumin1997:20181031021355j:plain

 

f:id:kasumin1997:20181031021408j:plain

 

そうして仲間たちがそれぞれ過去を乗り越え、一回り大きくなったところで宿敵ウルノーガと決戦。

まぁ何やかんやで倒し、ロトゼタシアには再び平和が訪れます。ここまでで一応ゲームクリアとなります。

 

が、その平和な世界の中にベロニカがいないことがどうしても気がかりなオミソ・シルたち。そんなモヤモヤを抱えたまま、時の番人がいる塔にたどり着きます。そこで大いなるチカラを持つ勇者のみ、時を遡れることが判明。ここでサブタイトルの「過ぎ去りし時を求めて」に繋がるわけですね~~。

そんなわけでオミソ・シルはたった一人で、元の世界には二度と戻れないことも覚悟のうえで、しかも時のはざまに永遠に飲み込まれる恐れがあるにも関わらず、「ベロニカ、ひいてはウルノーガの手によって奪われた人々たちがいる状態での世界平和」を実現するため、過去のロトゼタシアへと旅立っていきます。

あ~~~どこまでも勇者は、世界のために、自分以外の人々のために、自分を犠牲にするんだなぁ~~~~(涙)。

 

そうしてオミソ・シルは無事過去に戻り、オミソ・シルが過去からきたなんてことは彼以外は露知らず、魔王になる前のウルノーガを打ち倒します。

 

タイムパラドックスに頭を抱えるタイム開始~

オミソ・シルは過去に戻って、もともとそこにいたていで冒険に加わるわけなんですけど、じゃあ本来その「もともといた」オミソ・シルはどこに行ったのか?ってなっちゃいますよね。しかも過去の改変を行うことでその世界は変わるかもしれないけど、オミソ・シルがやってきた(つまりベロニカとオミソ・シルが欠けている世界)はそのままではないなのか?それとも改変によってその世界も変わるのか?しかしそこには二人は欠けたままなわけで???お????

タイムパラドックスに頭を抱えるタイム終了~

 

過去に戻ったことで、フィールド中たま~に現れることもあった謎の黒い生命体の正体が分かったり、新たな真ボス「ニズゼルファ」の出現があったり、

仲間たちと、全て(仲間の過去エピから未来に起こることまで)を知っているオミソ・シルで齟齬が生じることに切なさを覚えたり(自分がタイムスリップしてきたことは言わずに、あくまでその世界の人間として生きるオミソ・シルがまた切ない)して、

 

ここからドラクエ11第三章、実質真の本編スタート。

 

オミソ・シルは三周目となるロトゼタシアをめぐる旅を開始します。そしてニズゼルファを倒す力をつけるため、鬼難易度の「ネルセンの試練」に挑むうち、先代勇者たち

の軌跡も同時にたどることになります。まぁ~そこでまた伏線が回収されるわけなんですね…。

堀井雄二、天才か?(そうです)

 

そして時を遡ったことで失ってしまった勇者のつるぎをもう一度こしらえ、見た目のザコ感がすごいニズゼルファといよいよ戦います。

ニズゼルファたんに勝利すれば、いよいよ真エンディングです!

世界に本当の平和が訪れ、一件落着めでたしめでたしなんですが、ここでまたオミソ・シルが他人のために動くのだ…(;_:)

ある人の恋を叶えるため、オミソ・シルは自分の勇者のチカラをコピーして明け渡し、その人を過去へ戻らせます。

勇者のチカラって量産できるんだ…!?って感じですが、カミュの「前にもこんなことがあったような気がする…」というつぶやき(もちろんこの時代のカミュはタイムスリップを目撃するのははじめて)に、少し悲しそうな、だけど満足そうにも見える笑顔を見せるオミソ・シルが良いやつすぎるのでどうでもいいです。

きっとオミソ・シルはこれからずっと、未来で別れた仲間たちと、今共にいる仲間たちとのギャップを感じつつ生きていくんだろうなぁ~~。だって別れた仲間たちとは一度、ウルノーガに敗れ世界が滅ぼされるという絶望を一緒に経験してるんですよね。絶望を経験してるかしてないかってすごい重要なことだよな~、と思ったり…。

 

こうしてエンディングは過去作へと繋がっていくらしいのですが、最初に言った通り私は未プレイなのでそこまで実感がわかず…!もったいない~!これシリーズファンにとってはかなり胸アツな感じなんじゃないでしょうか!?羨ましい~!

ドラクエほぼ初プレイだったんですが、とにかくシナリオの良さに圧倒されました…。伏線を織り交ぜ、笑いもあり、涙もあり、主人公たちが本当に愛おしくなる神シナリオ。

堀井雄二、天才か?(そうです)

 

ドラクエやったことなくても全然大丈夫です!むしろ初心者におすすめかも!難易度も高くないし!

ちなみに私はPS4版でやりました。3DS版よりキャラクターがえっちでよいですよ。f:id:kasumin1997:20181031150645j:plain

えっちだ…。

 

しいて難をあげるとしたら(あげるな)、先述した戦闘システムのちょっとした不便利さと、BGMの少なさくらいかな?使いまわしというか、違うステージなのにBGMが同じ、というのが結構あって少し気になりましたね~。

あと見た目が変わる系の衣装がもっとあってほしかった!ベロニカの猫のきぐるみみたいなオモシロ衣装、他キャラでも見てみたかったな~。

 

でもそんな些細なこと気にならないくらい、めちゃくちゃ楽しめました!これは神ゲー!朝5時までやる生活を続けて、体調が悪くなるくらいまで熱中した!ちょっと気になるな~って人はぜひやってみてください!そして体調を崩すくらいハマりましょう!

 

 

それでは!

 

あっ!ドラクエの過去作でオススメあったら教えてください!PS2~PS4まで持ってますが、できたら新しい機種のほうがいいです!別にナンバリングじゃなくても!たいていのゲームは楽しめるタイプなので、気軽に教えてくださると嬉しいです~!よろしくお願いします!

f:id:kasumin1997:20181031151916j:plain

ウケる。